上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
去年の年末に薪ストーブを導入してから約3ヶ月。
あんなに暖かいと思っていた懐が寒~く。
そう、薪がワンシーズンで底をついてしまいました。。。

寒~い懐


薪棚に満タンあったのに。。。よ~く乾燥しててよ~く燃えたね、
この冬は暖かかったね。

ちなみに今積んであるのは空っぽになってから積んだ分なので、乾燥が不十分で全然燃えませんっ。

で、ここでお助けマン登場。
ザンッ!

お助けマン


いつもお世話になってる材木屋さんからもらって来ました。
製材した時に出るいらない所。
ただただ焼却炉で燃やして処分してるんだって。
「持ってってもらうと助かるよ」って、軽トラまで貸してくれました。
ありがたや~。

こんな時、杉でも何でも燃やせるストーブは便利?

またお世話になりま~す。
スポンサーサイト
コメント
乾燥。
薪は2年もの。1年ものは乾燥があまくなかなか燃えない。3年ものは乾燥しすぎですぐ燃え尽きちゃう。やはり、2年ものがいいらしいよ。

針葉樹の中では、カラマツは火力があり、ヒノキは樹脂分が多くて、がーっとすぐに燃えておしまいになるのが難点。杉は火力があまりない。と木工仲間が言ってたよ。
でも、やっぱり広葉樹が一番みたい。

まめ情報でした。
2008/03/18(Tue) 00:04 | URL | まれおっと | 【編集
>まれおっと さん

そうそう、そうらしいね~。父さんも言ってた。
乾燥しすぎってのもダメなんだね。

でもさ、ただ燃やしてるってのも、もったいないでしょ。
杉もすぐ燃えちゃうけど、いくらでもあるからね。
やっぱり無いよりは助かるよ。
材木屋のおじさんも「すぐ燃えちゃうよ」ってしきりに言ってた。
おじさんのとこには、陶芸家の人ももらいにくるらしい。
2008/03/18(Tue) 12:13 | URL | うさはは | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。