上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ついにこの時が来ました。
母さんが待ち望んでいたこの時が!
それは、お風呂の改修。

築30年になろうという我が家。
もともと別荘だった家というのもあって、日々の生活を送るには不便な事が多々あります。

一番母さんがダメだったのは和式のトイレ。
どうしても譲れなかったこれは、4年前この家に来てすぐ、いの一番に父さんが改修してくれて、今や立派な洋式トイレへと生まれ変わっています。(でもほんとはまだ途中。。。)

それから、月日は流れ、あちこちいじり倒してくれた父さん。
ずいぶんと暮らしやすくはなってきました。

ただ、どうしても手つかずで残っていたのがお風呂。
とても使いにくくて、リフォームしたい思いは強いものの、壊すのもまた大変な作業だよね。

さらに、洗濯機置き場だった勝手口の土間を、洋式トイレに改修してしまったために、行き場を失った洗濯機を、お風呂場にド~ンっと置いてしまったもんだから、湯船に入るのも躊躇する状態のまま4年です。。。
洗濯機を気にしながら、シャワーを浴びる毎日。冬は寒い。
どうしても湯船につかりた~いって時には、近所の温泉に。

まぁ、近所の温泉があったから今まで我慢出来たかな。。。

しか~し、チビっ子も出てくる事だし、いい加減なんとかしようと、思い切ってリフォームを頼む事にしました。

ほんとはお風呂も自分でやりたかった父さん。ごめんね~。

我が家のお風呂はこんなでした。

さようなら


ねっ、やっつけな感じのお風呂でしょ。
タイルが古い。古いもの好きの母さんでも、これはちょっといただけない。。。
でも、タイルなんかはまだいいんだよ、とても不便だったのが入り口の段差。

よっこいしょ


降りるのも上がるのも「よっこいしょ」っていうくらいある。
これが結構危ないんだな。

入り口からこれだけ下がったにも関わらず、浴槽がまたさらに奈落の底のように落ちる。

深いにゃ~


もうここは地底か?って。

浴槽も冷た~くて、入ってる間にすぐ冷めちゃう。
追い炊きも出来ないので、お湯を足したりするんだけど、もったいなくて遠慮がち。
ぬるいなぁ~って思いながら上がるって感じでした。

そして母さんが大嫌いだったのがこの折れ戸。

扉


よくある折れ戸だと思うけどね、
立て付けがかなり適当。
しっかり閉まらない。
ちょっと風が吹くとバシ~ンって勝手に開く。
もう嫌っ!

あんまり母さんがこの扉にキレるんで、父さんが上に強力磁石をつけてくれて、ちょっとした風では開かなくなってたんだけどね。
でも、扉の下のタイヤもバカになってて、開け閉めするのにいちいち力技が必要。
やっぱり嫌っ!

天井だってこんな。

ひどい天井


。。。

そして外壁はこんな。

外壁その1


父さんがやりかけの洗面所部分の板壁少々。

お風呂の窓側はこんな。

外壁その2


何故壁が鉄板なのか??
う~ん味気ないってか、かわいくない。

さあ~てこのお風呂ともさよならです。

予算の都合もあるし、どうするか父さんと悩んだんだけど、やっぱり可能な範囲でこだわりたかったお風呂。

既に工事は着工してま~す。
「After」のレポートをお楽しみに。
我が家のお風呂の悲惨さを知ってる人は、きっとびっくりするよ。
スポンサーサイト
コメント
んんん。
よかったね。
びふぉーあふたぁー。


楽しみにしているよ、あふたぁー。

2008/03/14(Fri) 22:12 | URL | まれおっと | 【編集
>まれおっと さん

よかったのよぉ~。
アフターお楽しみね。
2008/03/15(Sat) 15:58 | URL | うさはは | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。