上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
犬シャンプーって難しい。
洗うのがじゃなくて、「選ぶ」のが。

メーカーによって、製品によって、これほど違うように作られているのか!と驚く事しきり。

例えば、人間の皮膚はP.H.5.5の弱酸性。
犬の皮膚はP.H.7.5くらいの弱アルカリ性。
なので、弱アルカリ性のシャンプーが肌にやさしいのかな?と思うとそうでもないらしい。

アルカリ性に傾く程洗浄力はアップする。
でも、アルカリ性に傾く程雑菌には弱くなる。つまり皮膚が弱くなり皮膚病にもなりやすくなる。
そしてそれはもちろん毛質にも影響が出る。

そこで、弱酸性のシャンプーで洗ってあげて、犬の皮膚を酸性の方へ傾けてやる。
そうする事で毛穴が引き締まって皮膚も強くなり、毛質も改善される。

、、、という事らしい。

犬の皮膚の事を調べ始めて、シャンプーをいろいろ試してみると、その違いもいろいろ。
弱酸性製品もあれば、弱アルカリ性製品もある。
もちろん、洗ってあげる犬の皮膚状態によってもセレクトは変わってくるのだろうけど、何の表示も無い製品も多いです。そして化学薬品の嵐も多いです。

ドッグショーって犬具メーカーがたくさん出店していて、いろいろな製品を見比べられるいいチャンスなんだけど、新製品のシャンプーを宣伝していた人に、「これペーハーいくつですか?」って聞いたら「わかりません」って言われて、正直驚いた。
そんなメーカーもあるんですね。

さて、今日のシャンプーモデルはしげちゃんです。

フワフワになった?


はい、ご苦労さん、しげっち。

父さんがトリミングテーブルも作ってくれました。
でもね、、、

しげ「父さんこれグラグラして怖いよ。。。」
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。