上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
何故か毎年これだけは非常に上手くいく。
それはキャベツ。

りんよりおっきい?


デカッ!!重っ!!
しかもギュウギュウのパンパンに巻いてる。
スーパーで売ってるどれよりも、固く重くそして美味です。

今は夏野菜に向けて、畑の植え替え時期。
しばらく土いじりはお預けの母さんは、応援&食べる専門。(汗)
父さん一人で、毎日少しずつ、せっせとがんばってます。

母「がんばれ~。父さ~ん、今年の夏はナスたくさん食べたいな~。」

言うだけ専門。。。(汗っ)
スポンサーサイト
妊娠5ヶ月目の「戌の日」です。
たくさん子を産み、そのうえお産が軽い犬にあやかり、妊娠5ヶ月目の「戌の日」に行う安産祈願の日です。

母さんとしては、もう、頼れるもんはなんでも頼っておきたい心境。

せっかくなので実家の両親にも一緒に行ってもらおうかと、早くから言ってあったんですけど、、、前日の電話。

うさはは「明日お参り予定してるよね?」
おかん「してないよ~。」

あっさりきっぱり。。。

そんなこったろうと思ったんだよなぁ。
一週間程前に神社に祈祷の予約を入れた時に、おかんにも時間確認の電話を入れなかった母さんが悪いのか、
「戌の日」にまるで興味の無いおかんが悪いのか。。。

だいたい昔っからそう。実両親はこの手のイベントごとにはまるで興味が無い。
母さんが成人式の時に「着物きたいっ!」と言ったら、父にこう言われたのを今でも覚えてる。

おとん「世間に踊らされてる。」

これまたあっさりきっぱり。。。

普通はさ、娘が成人を迎えたらさ、着物きせてあげたいのが親心じゃないのか?
そこんところどうなのか?

何度も巡ってくる誕生日やクリスマスとは違うんだよ。
一生に一度なんだよなぁ。。。

まぁいいよ。

結局、祈祷にはおかんも参加して、母さんの安産祈願、男41歳父さんの厄よけもしてもらって、その後おとんとも合流。
犬OKのレストランで、4人と2匹でパスタランチを食べ、無事にお参り終了しました。

頼んまっせ


右は、お正月の初詣の時に父さんに、「ケチッて効かなかったら困るよ」って言われて、「ケチって効かないっていかがなものか?」と思いながらも買った、高い方の安産のお守り。
なんと桐箱入り。

そして左は今回のお参りで頂いたお守り。

これだけあればもうオッケ~でしょ。スルッと出るよ、スルッと。

食後に両親と分かれて、父さんと「たまには遊んで帰ろうかぁ」と、行った先はやはりドッグラン。
久々りんちゃん大はしゃぎ。

ハードルを難なく飛び越え、

得意のハードル


陸橋もジャ~ンプ、

ジャ~ンプ


トンネルもくぐって~、

くぐる~


正に独り舞台。

しげもりんにつられてジャ~ンプ。

つられる男


でも地面。。。

二人とも父さんと一緒に走り回って、仲良く一緒に水飲んでます。

喉乾いたね


文字通り「戌の日」な一日無事終了。

一方猫は、、、

へんし~ん


家で変身中。
さてさて、改修中だった我が家のお風呂ですが、とうとう完成しました!
v(≧∇≦)v イェェ~イ♪

ちなみに改修前はこちら

そして全貌がこちら。

ビューティフォ~


板貼りの壁、深く落ち込まない入りやすくて足が伸ばせる浴槽。
はぁ~何だか我が家じゃないみたいだわ。父も母もちょっと興奮。

床は石貼りです。

石です


これもなかなかいいねぇ。
そして建具も全て木製にしました。

シンプルでいいねぇ


カメラに入りきってないけど、よっこいしょって言ってた段差も解消されてバッチリ。

そして皆様ご注目。

謎な小窓


この謎な小窓、な~んだっ。これは母さんのこだわり。むふふふ。
でもまだ実用には至ってないんだよね。また次回のお楽しみに。
で、もうひとつ父さんのこだわりがこれ。
ザンッ!

なんと薪がま


ほんとにつけちゃったよこの人は。なんと薪の風呂釜ですよ。

でもね~これがつけて大正解。とってもいいんだなぁ。
って、まだ薪では焚いてないんだけどね。
今までは追い炊きが出来なくて、入ってる途中に冷めてくるとお湯を落とすしかなかったんだけど、あれって何かもったいない。
しかもガス給湯器だからガス代が。。。プロパンは高い。。。

しか~し、薪がまならガス代不要で家計にやさしい。
しかもこれ灯油兼用になってて、灯油でも焚ける。素晴らしか~。

外壁も同じく板貼りになって、局地的にかわいい。

板貼りになった外壁


この壁がぐるっと家中全部になるといいんだけどね。
それにはまだまだかかるね。。。

父さんがしっかり二度塗りの塗装もしてくれたので、さぁてさてさて入りましょ~。
ほっほっほっ。((((ノ^◇^)ノ
年に一度しかない楽しみっていろいろあるけど、母さんにとってかな~り楽しみなのはこれ!

ザンッ!

会いたかったよ~


つくしっ!

もう毎年しつこいよね。
わかったっつうのっ。
しかし、桜は咲いても、これを食べないと春は来ませんぜ~。

初めて食べた時の反応はいまいちだった父さんも、今年はついに「うまいっ」の連呼。
でしょ~。この味を知るとやめられないのだ~。

うまちょびれ~


甘辛佃煮風にして、あ~これでお酒が飲めれば言うことないんだけどなぁ。。。
我慢我慢。
リフォーム工事中の我が家のお風呂。もうほぼ出来上がってきましたよ。
この2週間程はこんな感じ。

大工さん二人掛かりで、あっという間に窓が外され、外壁も破壊。

破壊


浴槽も撤去され、左官屋さんが奈落の底を持ち上げてくれました。

匠の塗り


「よっこいしょ」と必ず言ってしまう床を上げるので、その分天井も可能な分だけ持ち上げて、

天井上がる


既存の壁の上から新しい下地を。

新しい壁


そして、壁と天井は杉板で。

板貼りです


腰から下と床は石で。この写真はまだ途中だね。

石貼りです


おぉっ、雰囲気が出て来ました。

で、この後無事石も貼り終わり、内装はほぼ完成。
ここでいよいよ父さんの出番!よっ、待ってましたぁ!

少しでも節約の為、塗装はセルフにさせてもらいました。
で、今日の父さんは「カベヌリオ」。

カベヌリオ


映画「ベストキッド」のごとく、塗るべし、塗るべし。

父さんがまだ散らかしているので、全貌はまたお楽しみに~。
去年の年末に薪ストーブを導入してから約3ヶ月。
あんなに暖かいと思っていた懐が寒~く。
そう、薪がワンシーズンで底をついてしまいました。。。

寒~い懐


薪棚に満タンあったのに。。。よ~く乾燥しててよ~く燃えたね、
この冬は暖かかったね。

ちなみに今積んであるのは空っぽになってから積んだ分なので、乾燥が不十分で全然燃えませんっ。

で、ここでお助けマン登場。
ザンッ!

お助けマン


いつもお世話になってる材木屋さんからもらって来ました。
製材した時に出るいらない所。
ただただ焼却炉で燃やして処分してるんだって。
「持ってってもらうと助かるよ」って、軽トラまで貸してくれました。
ありがたや~。

こんな時、杉でも何でも燃やせるストーブは便利?

またお世話になりま~す。
ついにこの時が来ました。
母さんが待ち望んでいたこの時が!
それは、お風呂の改修。

築30年になろうという我が家。
もともと別荘だった家というのもあって、日々の生活を送るには不便な事が多々あります。

一番母さんがダメだったのは和式のトイレ。
どうしても譲れなかったこれは、4年前この家に来てすぐ、いの一番に父さんが改修してくれて、今や立派な洋式トイレへと生まれ変わっています。(でもほんとはまだ途中。。。)

それから、月日は流れ、あちこちいじり倒してくれた父さん。
ずいぶんと暮らしやすくはなってきました。

ただ、どうしても手つかずで残っていたのがお風呂。
とても使いにくくて、リフォームしたい思いは強いものの、壊すのもまた大変な作業だよね。

さらに、洗濯機置き場だった勝手口の土間を、洋式トイレに改修してしまったために、行き場を失った洗濯機を、お風呂場にド~ンっと置いてしまったもんだから、湯船に入るのも躊躇する状態のまま4年です。。。
洗濯機を気にしながら、シャワーを浴びる毎日。冬は寒い。
どうしても湯船につかりた~いって時には、近所の温泉に。

まぁ、近所の温泉があったから今まで我慢出来たかな。。。

しか~し、チビっ子も出てくる事だし、いい加減なんとかしようと、思い切ってリフォームを頼む事にしました。

ほんとはお風呂も自分でやりたかった父さん。ごめんね~。

我が家のお風呂はこんなでした。

さようなら


ねっ、やっつけな感じのお風呂でしょ。
タイルが古い。古いもの好きの母さんでも、これはちょっといただけない。。。
でも、タイルなんかはまだいいんだよ、とても不便だったのが入り口の段差。

よっこいしょ


降りるのも上がるのも「よっこいしょ」っていうくらいある。
これが結構危ないんだな。

入り口からこれだけ下がったにも関わらず、浴槽がまたさらに奈落の底のように落ちる。

深いにゃ~


もうここは地底か?って。

浴槽も冷た~くて、入ってる間にすぐ冷めちゃう。
追い炊きも出来ないので、お湯を足したりするんだけど、もったいなくて遠慮がち。
ぬるいなぁ~って思いながら上がるって感じでした。

そして母さんが大嫌いだったのがこの折れ戸。

扉


よくある折れ戸だと思うけどね、
立て付けがかなり適当。
しっかり閉まらない。
ちょっと風が吹くとバシ~ンって勝手に開く。
もう嫌っ!

あんまり母さんがこの扉にキレるんで、父さんが上に強力磁石をつけてくれて、ちょっとした風では開かなくなってたんだけどね。
でも、扉の下のタイヤもバカになってて、開け閉めするのにいちいち力技が必要。
やっぱり嫌っ!

天井だってこんな。

ひどい天井


。。。

そして外壁はこんな。

外壁その1


父さんがやりかけの洗面所部分の板壁少々。

お風呂の窓側はこんな。

外壁その2


何故壁が鉄板なのか??
う~ん味気ないってか、かわいくない。

さあ~てこのお風呂ともさよならです。

予算の都合もあるし、どうするか父さんと悩んだんだけど、やっぱり可能な範囲でこだわりたかったお風呂。

既に工事は着工してま~す。
「After」のレポートをお楽しみに。
我が家のお風呂の悲惨さを知ってる人は、きっとびっくりするよ。
コングなんて全く知らなかった男、しげ。
おやつを詰めてホイッってあげても、

「なんじゃこりゃ?、食べれるもん下さいっ!」

って感じだったしげ。

それが、、、がっつり夢中になるまでに進化しました。

真剣な男


しかも、ひげで見えにくいけど、りんみたいにしっかり手で持ってる!

お~、しげもやれば進化するんだな。父母しきりに感心。

おやつの詰め具合による難易度にもよるけれど、
一度始めると、何十分かはひたすら集中してくれるのでありがたい。

こうして母さんも気兼ねなく横でおやつが食べられるのです。

しげちゃんがんばれ~。
少しお腹が膨らんで来て、何だか体が重~くなってきた母さん。
ハミガキ中やお風呂上がりに、洗面所に腰掛けるイスが欲しくなって、父さんにおねだり。

母「イス作って~。」

前々からイスを作ってみたかった父さん。

父「ガッテンだ。」

とは言いませんが、珍しくたいした構想も無いまま、図面もひかず、有り合わせの材料で、あっと言う間に2脚作ってくれました。

ザンッ!

ひできじゃないよ


おぉっ。なかなかかわいいじゃん。

同じ物を2脚作ってくれました。
よくある丸イス。こんなのあると便利だよね。
飾り棚にもなるし。
持ち運びにも軽くて、お手軽に使える。

上から見るとこんな。

だからひできじゃないってば


見た目はシンプルでとってもいいよ。
で、問題の使い勝手はと言うと、、、もうちょっと座面が広いと良かったかなぁ。
すぐスッ転んだりする母さんには、腰掛ける際にやや神経を使うサイズ。
特に今は日常の動作も何だかオモオモなのでね。。。
でも普通これくらいなのかなぁ?

父さん曰く「一番大きく取れる材木がこれしかなかったの」

との事。

まぁまぁやっつけにしては上出来、上出来。
大満足で早速活躍中~。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。